薬剤師としてできるだけ時期を考慮した転職を成功させた方法

薬剤師として調剤薬局に勤務をしています

薬剤師として調剤薬局に勤務をしています。
約3年間の勤務になりますが、元々は病院内の薬局で勤務をしていた経験があり、後に調剤薬局が多数営業を行うことになり、後に転職をしたことになります。
転職の理由に関しては、自宅から近い場所にある勤務先を希望するようになり、以前勤務してきた病院は片道で約1時間の場所にありましたが、現在では徒歩で約20分の距離にあります。
そのため、就業しやすい職場として気に入っていたのですが、この度住み替えによって引越しを行うことになったので、再び転職をすることを希望するようになりました。
しかし、勤務先の調剤薬局ではギリギリの人数で運営をしている小規模な薬局だったので、私が急に抜けてしまった場合では、薬局にとって不都合さを感じてしまうことになります。
そのため、辞める時期を検討することになり、引越しを決めてしまう前の約3ヶ月前に職場に対して退職の旨を伝えることを行っていて、新人さんが勤務を行って実際に仕事環境に慣れるまでの期間を育成の時期として設けることになりました。

薬剤師として調剤薬局に勤務をしています勤務先のことを最優先に考えて勤務を継続していたスムーズに転職活動を済ませることができた